FC2ブログ

Latest Entries

ニードルの選びかた

フェルティングニードル(以下 略してニードルと書きます)っていくつか種類がありますが、私は『レギュラー』と『極細』の2本を愛用しています。
手のひらサイズ程度のものを作るには、これでじゅうぶんです。

『3本一体タイプ』のニードルも もっていますが、これは もう少し大きいものや 平面的なものを作るのには、便利かなと思います。
私は小さいものを作ることが多いので、この3本タイプは ほとんど使っていません。

ニードル

『レギュラー』だけでも 作品は作れますが、細かい部分まで繊細に仕上げたいという方には、『極細』をぜひオススメします。
針が細い分 ニードルを刺したときの穴が目立たないので、はじめはレギュラー、仕上げに極細と、使い分けると良いと思います。

ただ、極細の方は折れやすいのが難点ですが(>_<)


使う方それぞれの好みやクセで、どのニードルが使いやすいかも変わってくると思います。
ぜひ自分に合ったニードル、みつけてくださいね♪
関連記事

テーマ:羊毛フェルト制作 - ジャンル:趣味・実用

«  | ホーム |  »

カテゴリ

おすすめリンク

↓↓↓羊毛フェルトの作品制作におススメの材料やツールなどです。

▼最近は羊毛フェルトの種類も豊富になりましたね♪
これから羊毛フェルトを始められる方は、まずはスタンダードな、ハマナカさんのフェルト羊毛ソリッド(メリノウール100%)がおススメです。


-----------------

▼動物の目のパーツ、差し目ボタン。私がいつも作っている手のひらサイズの動物は、2~6mmのものを使っています。
     ↑↑↑
※上記は4mmの目玉ボタンですが、それ以外のサイズはこちらからどうぞ♪(Az-net手芸さんの目玉ボタンのページへのリンクです)黒目以外にも、猫目など、種類やサイズが豊富です♪

-----------------

▼フェルティング用ニードル。この専用の針で刺すことで、ふわふわの羊毛がフェルト化します。全体の形を作るレギュラー、仕上げ用に極細があると便利。


-----------------

▼フェルトパンチャー用スポンジマット。きめが細かく、針でついてもへたりにくいスポンジマットです。作品を作るときの作業用マットとして。

▼カットワーク用ハサミ。先がとがっているので、細かな部分もカットすることが出来て便利です。

▼極細デザイン用ハサミ。小さな作品を作る際に、細かな毛羽立ちをカットしたりするのにとても便利。

 

プロフィール

felt note

Author:felt note
フェルト羊毛を原材料に、「リアルかわいい」をテーマにした作品作りを目指しています。
オンライン手作りマーケット「minne(ミンネ)」で、作家名「felt note」として作品販売中です。
よろしくお願いします♪

 

最新記事

検索フォーム

 

MEMO


にほんブログ村
↑こちらのランキングに参加しています。 このブログをいいなと思ってもらえたら、ぜひクリックお願いします♪

 

リンク