Latest Entries

原毛から作るコースター

本で読んだフェルトシートの作り方を参考に、コースターを作ってみたいと思います。

羊毛の原毛から作るコースター




準備するもの
■準備するもの
・フェルト羊毛(6g程)
・コースターの型(直径13cmくらい)
・せっけん水と、それを入れる容器
・めん棒
・まな板など

※コースターの型は、底が平らでちょうど良い大きさのものであれば、なんでもいいです。
私は家にあったお皿がちょうど良かったので それを使いました。


1・羊毛を4~6等分し、型に 繊維がたて向きになるように羊毛を敷きつめます。
その上から、今度は繊維がよこ向きになるように敷いてゆきます。

繊維を縦、横、縦、横と重ねる

これをくりかえし、羊毛が
「たて→よこ→たて→よこ→たて→よこ」と、4~6層になるよう重ねます。


2・上からせっけん水をまんべんなくかけます。
せっけん水を入れる容器は、台所用洗剤のボトルがちょうど良かったので、それを使いました。

せっけん水をかけて、こすってフェルト化する

全体をならすように最初はかるくこすり、だんだん強くこすってフェルト化してゆきます。


3・ある程度 フェルト化したら、裏返して 同じようにこすります。

ある程度フェルト化したら、裏返して同じようにこする

4・型から取り出して、めん棒で 裏・表ともコロコロしてととのえます。

めん棒で整える

ちなみに、私がめん棒として使っているのは サランラップの芯です☆


5・手洗いで、せっけんを落とします。
両手のひらにはさんで ギューっと押すようにしぼります。
仕上げにタオルなどにはさんで押すようにしぼると、タオルが水分を吸ってくれるので、乾きが速くなります。

自然乾燥で、乾くのを待ちましょう♪

おおざっぱに出来上がり

さわりごこちは、ほわほわしてます。


6・2枚のマットではさんで、淵をニードルで刺しととのえます。

フェルティングマットで挟んで、淵を整える

気になるところがあったらニードルで刺しととのえて、完成です☆

コースターの完成

仕上がりサイズは、〈5〉の水洗いで少し縮むのと〈6〉淵をニードルで刺しととのえる作業とで、型の大きさより ひとまわり小さくなります。

また、フェルトシートを作る場合は、型を大きめのトレーなどにすると良いと思います(^ ^)


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:羊毛フェルト制作 - ジャンル:趣味・実用

«  | ホーム |  »

 

カテゴリ

おすすめリンク

↓↓↓羊毛フェルトのマスコット作成には、これらの材料がおすすめです。

▼ソフトな繊維で小物作りに便利な、ウールキャンディシリーズの羊毛。下記の画像以外にも、豊富なカラーバリエーションがあります。

↑ナチュラルブレンドのカラー番号「801」と「802」は、白とベージュの間の絶妙なカラー。私も愛用しています。他にも動物作りに使いやすいカラーがそろっています。作品に深みが出る色ですよ♪

-----------------

↑もこもこの質感。羊やアルパカ、トイプードルなどの動物作りに♪

-----------------

▼動物の目のパーツ、差し目ボタン。私がいつも作っている手のひらサイズの動物は、2~6mmのものを使っています。

     ↑↑↑
※上記は3mmの目玉ボタンですが、それ以外のサイズはコチラをクリック!(Az-net手芸さんの目玉ボタンページへのリンクです。) 黒目以外にも、猫目など、種類やサイズが豊富です♪

-----------------

▼フェルティング用ニードル。この専用の針で刺すことで、ふわふわの羊毛がフェルト化します。全体の形を作るレギュラー、仕上げ用に極細があると便利。


-----------------

▼フェルティング用マット。このマットの上で製作します。使い続けているうち、ふにゃふにゃになってくるので、たくさん作る方は、予備に何枚か購入しておかれると良いと思います。

 

プロフィール

felt note

Author:felt note
フェルト羊毛を原材料に、「リアルかわいい」をテーマにした作品作りを目指しています。
オンライン手作りマーケット「minne(ミンネ)」で、作家名「felt note」として作品販売中です。
よろしくお願いします♪

-----

※minneでの販売に伴い、プロフィールの名前を「felt note」に改めさせていただきました。

 

最新記事

検索フォーム

 

MEMO


にほんブログ村
↑こちらのランキングに参加しています。 このブログをいいなと思ってもらえたら、ぜひクリックお願いします♪



当ブログに載せている図案は、個人で楽しむ範囲内で、プリントするなどして ご自由にお使いいただけます(著作権は放棄していません)。
画像の転載は禁止です。よろしくお願い致します。

 

リンク