Latest Entries

羊毛フェルトの猫を作る

「リアルかわいい」をテーマに、猫を作ってみたいと思います。

まずは 頭の芯を作ります。

猫・頭の芯作り


続いて足の芯のパーツを作ります。

羊毛を適量とり、手のひらでこねて細長くします。

猫の足の芯・手のひらでこねて細くする

これを ニードルで刺しながら形をととのえてゆきます。

猫の足の芯・ニードルで刺し固めながら形作る

猫の足の芯・だいたい完成

後ろ足です。

モールや針金の芯を入れずに作るバージョンです。


同じやり方で 他の足、しっぽも作ります。

胴の芯も作ります。

猫・各パーツの芯が完成しました

耳はあとでつける予定です。


次はこれらのパーツをくっつけようと思います(^_^)
各パーツの芯を、刺しつけてゆきます。

猫・各パーツを刺しつけます

全体のバランスを見ながら、足りない部分に羊毛を足したりしながら 刺しつけます。

猫の芯ができました

ややアンバランスな部分もありますが、次の肉づけ作業でととのえてゆく予定です☆


グレー&白のネコにしようと思っています。


耳パーツを作るところを おおざっぱにですけどご紹介。

羊毛を適量とり、指で平らなところにギュッギュッと押しつけるようにして おおまかな形を作ります。
耳パーツを作る・1

耳先が三角になるよう ニードルで刺しととのえます。
裏返して 同じく刺し固めます。
あたまとのジョイント部分は、刺し固めずふわっと残しておきます。
耳パーツを作る・2

淵の部分は、2枚のマットにはさんで 刺し固めます。
耳パーツを作る・3
ちなみに 私が使っているのは、梱包のクッション材としてよく使われているものです。


途中経過は、こんな感じ♪
羊毛フェルトのネコ 制作中

あとちょっとです(^_^)

もう少しで完成

あとちょっと・・・となってからの最後の仕上げが、結構 かかるんですよね〜(^_^;)

もう少し、自分の納得いくまで作り込みたいと思います。

関連記事

テーマ:ハンドメイドの作品たち - ジャンル:趣味・実用

«  | ホーム |  »

 

カテゴリ

おすすめリンク

↓↓↓羊毛フェルトのマスコット作成には、これらの材料がおすすめです。

▼ソフトな繊維で小物作りに便利な、ウールキャンディシリーズの羊毛。下記の画像以外にも、豊富なカラーバリエーションがあります。

↑ナチュラルブレンドのカラー番号「801」と「802」は、白とベージュの間の絶妙なカラー。私も愛用しています。他にも動物作りに使いやすいカラーがそろっています。作品に深みが出る色ですよ♪

-----------------

↑もこもこの質感。羊やアルパカ、トイプードルなどの動物作りに♪

-----------------

▼動物の目のパーツ、差し目ボタン。私がいつも作っている手のひらサイズの動物は、2~6mmのものを使っています。

     ↑↑↑
※上記は3mmの目玉ボタンですが、それ以外のサイズはコチラをクリック!(Az-net手芸さんの目玉ボタンページへのリンクです。) 黒目以外にも、猫目など、種類やサイズが豊富です♪

-----------------

▼フェルティング用ニードル。この専用の針で刺すことで、ふわふわの羊毛がフェルト化します。全体の形を作るレギュラー、仕上げ用に極細があると便利。


-----------------

▼フェルティング用マット。このマットの上で製作します。使い続けているうち、ふにゃふにゃになってくるので、たくさん作る方は、予備に何枚か購入しておかれると良いと思います。

 

プロフィール

felt note

Author:felt note
フェルト羊毛を原材料に、「リアルかわいい」をテーマにした作品作りを目指しています。
オンライン手作りマーケット「minne(ミンネ)」で、作家名「felt note」として作品販売中です。
よろしくお願いします♪

 

最新記事

検索フォーム

 

MEMO


にほんブログ村
↑こちらのランキングに参加しています。 このブログをいいなと思ってもらえたら、ぜひクリックお願いします♪



当ブログに載せている図案は、個人で楽しむ範囲内で、プリントするなどして ご自由にお使いいただけます(著作権は放棄していません)。
画像の転載は禁止です。よろしくお願い致します。

 

リンク