Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

毛糸で羊毛フェルトの代用できるかやってみました

毛糸でフェルト羊毛の代用ができるか、やってみました。
立体のひつじさんを作ってみました☆


・・☆・・・☆・・・☆・・


まず、羊毛がフェルト化する(固まる)しくみですが、

羊毛繊維にはうろこ状のキューティクルがあり、これをニードルの針先の小さな凹凸に引っ掛けて刺すことで、キューティクルが絡み合いフェルト化するということです。

ということは、毛(ウール)100%の毛糸であれば、キューティクルがあるはずですから、フェルト羊毛と同様にフェルト化できるはずです。



では、やってみます♪



まずは毛糸選びから。
とりあえず100円ショップで探してみます。

100円ショップのはほとんど合成繊維かなあ・・・と思いつつ探していたら・・・、ありました!ウール100%!
「天然の羊毛そのままの色と風合いを生かした 染色をしていない環境にやさしいエコロジーウール」と書かれています。
こういうナチュラルなモノ、大好きです♪

ウール100%の毛糸


この毛糸で、フェルト羊毛で作るのと同じように、ひつじを作ってみたいと思います。

作り方は、胴・足・顔・耳それぞれのパーツを別々に作って、最後にジョイントします。


生成りの毛糸で胴を作ります。
毛糸適量をだんご状にまるめて、ニードルで刺してゆきます。
使っているのは、レギュラータイプのニードルです。

毛糸で羊毛フェルトの代用・ヒツジを作る1

ニードルで刺した感覚は、フェルト羊毛を刺しているのと同じ「ザクザク」した感じです。
ニードルの通りが悪いとか、刺しにくいといったことはありません。

毛糸は繊維をよってある状態なので、フェルト化できるのか気になっていましたが ちゃんとフェルト化していっています。

続きを読む»

スポンサーサイト

テーマ:羊毛フェルト制作 - ジャンル:趣味・実用

羊毛フェルトで作るアヒル(立体)・大

アヒルです。
針金芯を後付けする方法で作りました。

羊毛フェルトのアヒル1

羊毛フェルトのアヒル2


作り方を、まとめてみました。
    ↓↓↓

あたま、胴、くちばし、それぞれのパーツを別々に作って、ジョイントします。
まずはあたまとくちばしをジョイントして、ある程度顔の細かい部分まで作りこんでから、次に胴とジョイントします。
(あたまの作り方は アヒル[小]と同じですが、胴は針金芯を入れずに作ります。)

羊毛フェルト・アヒルの作り方3


続きを読む»

テーマ:羊毛フェルト制作 - ジャンル:趣味・実用

羊毛フェルトで作るアヒル(立体)・小

高さ約6cmの、小さなアヒルです☆

羊毛フェルトのアヒル・小


針金芯に羊毛を巻きつけてゆく作り方を、まとめてみました。
   ↓↓↓


まず、針金で芯を作ります。
この針金芯に羊毛をまきつけながら、ニードルで刺しとめてゆきます。
少しづつ羊毛を足して刺しつけ、形をととのえてゆきます。
足も同様に、羊毛を刺しつけます。

針金芯入りで作る羊毛フェルトのアヒル1


続きを読む»

テーマ:羊毛フェルト制作 - ジャンル:趣味・実用

羊毛フェルトで作るアヒル(立体)・作品と図案

大小2匹のアヒルを作りました♪

羊毛フェルトのアヒル、大・小


今回は、針金芯入りで作りました。
鳥などの2本足で立たせる動物の場合、針金芯を入れて作るのがオススメです。
針金芯をいれることで、バランスをとりやすくなり、立ちやすくなります。


■材料
 [大]
 羊毛 : 約 20 g (生成りの白、山吹色)
 サイズ : 高さ約 10 cm
 その他の材料 : 3mmの差し目ボタン、針金、接着剤など
 -----------
 [小]
 羊毛 : 約 5 g (生成りの白、山吹色、黒)
 サイズ : 高さ約 6 cm
 その他の材料 : 針金など


■図案(アヒル[大])
↓画像をクリックで大きく表示されます。

羊毛フェルトのアヒル・図案

※図案は、各ご家庭のプリンターで、適度な大きさに拡大 または縮小プリントしてお使いいただければと思います。



小さいほうのアヒルは、針金芯に羊毛を巻きつけていく方法で作りました。
大きいほうのアヒルは、後から針金芯を差し込む方法で作りました。


次回はアヒル[小]の作り方を、その次は[大]を、それぞれまとめてUP予定です☆


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

テーマ:羊毛フェルト制作 - ジャンル:趣味・実用

100円ショップ・セリアのニードル

100円ショップ・セリアでニードル&羊毛フェルトを発見♪

品揃えは店舗にもよると思いますが、私が行ったお店では、羊毛はキットになったものしかなかったので 買いませんでした。
約5g程入りで105円だったので、メーカーのものと比べても特別 割安ということもないと思います。


ニードルは、買ってみました。2本入りで105円は安いですね♪
太さは、「極細」タイプと同じぐらいです。小さいものを作るのに向いたニードルです。

100円ショップ・セリアのニードル2

100円ショップ・セリアのニードル

見た感じでは、ハマナカのニードルと比べると、針先の切れ込みが浅いように思います。
材質は鉄です。

使い心地は、悪くはありません。じゅうぶん使えます。

ただ、ニードルをつかんでいる指に、すごく鉄のにおいがつきます。


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

テーマ:羊毛フェルト制作 - ジャンル:趣味・実用

«  | ホーム |  »

 

カテゴリ

おすすめリンク

↓↓↓羊毛フェルトのマスコット作成には、これらの材料がおすすめです。

▼ソフトな繊維で小物作りに便利な、ウールキャンディシリーズの羊毛。下記の画像以外にも、豊富なカラーバリエーションがあります。

↑ナチュラルブレンドのカラー番号「801」と「802」は、白とベージュの間の絶妙なカラー。私も愛用しています。他にも動物作りに使いやすいカラーがそろっています。作品に深みが出る色ですよ♪

-----------------

↑もこもこの質感。羊やアルパカ、トイプードルなどの動物作りに♪

-----------------

▼動物の目のパーツ、差し目ボタン。私がいつも作っている手のひらサイズの動物は、2~6mmのものを使っています。

     ↑↑↑
※上記は3mmの目玉ボタンですが、それ以外のサイズはコチラをクリック!(Az-net手芸さんの目玉ボタンページへのリンクです。) 黒目以外にも、猫目など、種類やサイズが豊富です♪

-----------------

▼フェルティング用ニードル。この専用の針で刺すことで、ふわふわの羊毛がフェルト化します。全体の形を作るレギュラー、仕上げ用に極細があると便利。


-----------------

▼フェルティング用マット。このマットの上で製作します。使い続けているうち、ふにゃふにゃになってくるので、たくさん作る方は、予備に何枚か購入しておかれると良いと思います。

 

プロフィール

felt note

Author:felt note
フェルト羊毛を原材料に、「リアルかわいい」をテーマにした作品作りを目指しています。
オンライン手作りマーケット「minne(ミンネ)」で、作家名「felt note」として作品販売中です。
よろしくお願いします♪

-----

※minneでの販売に伴い、プロフィールの名前を「felt note」に改めさせていただきました。

 

最新記事

検索フォーム

 

MEMO


にほんブログ村
↑こちらのランキングに参加しています。 このブログをいいなと思ってもらえたら、ぜひクリックお願いします♪



当ブログに載せている図案は、個人で楽しむ範囲内で、プリントするなどして ご自由にお使いいただけます(著作権は放棄していません)。
画像の転載は禁止です。よろしくお願い致します。

 

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。