Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

羊毛で作るヒツジ・図案

羊毛フェルトのひつじ


羊毛で作るヒツジの図案です。
画像をクリックで、大きい画像が表示されます。
↓↓↓

羊毛で作るヒツジ・図案


プリントアウトしてご使用ください。
※画像の転載は禁止です。よろしくお願いいたします。


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

テーマ:羊毛フェルト制作 - ジャンル:趣味・実用

羊毛で作るヒツジ (おおまかな作り方あり)

羊さんからいただいた毛を、ふたたび羊さんの形にしてみたいと思います。
大きさは、手のひらサイズです。


羊毛で作るひつじ、完成


■使用したフェルト羊毛
 約 20 g (生成りの白、グレイッシュブラウン、こげ茶、薄ピンクなど)
 サイズ:高さ 9.5 cm ×横 11 cm
 その他の材料:差し目ボタン(3mm)、接着剤


-----

基本の作り方は、ガゼルと一緒です。
(カテゴリの『その他(立体)色々』からご覧ください)


最初に、胴とあたまのベースを作ります。

羊毛で作るひつじ1

胴は生成りの白、あたまはグレイッシュブラウンの羊毛を使いました。

さいごの仕上げの段階で ふわっと毛でおおわれた感じに羊毛をつけたいと思いますので、今の段階では ひとまわり小さめにしておきます。



足をつける前に、顔の細かい部分を作ります。


こげ茶の羊毛少量を指でより、口や鼻の形になるようニードルで刺しつけてゆきます。

顔をニードルで刺しながら、立体感を出してゆきます。

鼻の穴など、しっかりと凹凸をつけたい部分はレギュラーのニードル、
顔全体のなめらかな凹凸は、極細のニードルを使うとやりやすいです。

羊毛で作るひつじ2


もう少し立体感がほしいなと思う部分には、顔と同じ色のグレイッシュブラウンの羊毛をふわっとのせて、ニードルで刺しつけながら整えてゆきます。

羊毛で作るひつじ3


目は、最後に差し目ボタンをつける予定です。

続きを読む»

テーマ:羊毛フェルト制作 - ジャンル:趣味・実用

モールの動物&昆虫

羊毛フェルト動物を作るときの芯にしようと思って買っておいたモールですが、結局あまり使わなかったので、子どものリクエストにこたえて動物や昆虫を作ってみました。

モールの動物と昆虫


個人的にいちばんカワイイと思うのはコレです。
100円玉サイズのネズミです。太さ3mmのモール2本で作りました。

モールのねずみ

なかなかリアル・・・と思うのが、太さ5mmのモール2本で作ったクモです。

モールのタランチュラ


モールは100円ショップ・ダイソーで買ったものですが、1パック30本入りでカラフルな色が詰め合わせになっていたので、子どもと楽しむにはちょうど良かったです。


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

テーマ:ハンドメイドの作品たち - ジャンル:趣味・実用

羊毛で作るガゼル(後半)・完成&図案

続きです。

羊毛フェルトのガゼル、今回で完成です。



足パーツを作ります。
作り方は、基本的に つの と同じです。

足を作る

つま先にはグレイッシュブラウンでひづめを作り、外側になる部分にはキャメルで色をつけます。


細かい作業なうえに、4本も同じようなものを作らなければならないので、ここが一番 根気がいります。


パーツが全部そろったら、これらを刺しつけてゆきます。

ガゼルのパーツ


足を、胴に刺しつけます。

足を胴につける


足と胴のつなぎ目部分に、胴の色と同じキャメルの羊毛を刺しつけて、自然な感じになるように仕上げます。

足と胴のつなぎ目をなじませる


しっぽは、グレイッシュブラウンの羊毛を指でよって 形がくずれないようニードルで軽く刺しとめてから、おしりに刺しつけます。

しっぽをつける

少し動きが出るように、ななめにつけてみました。

胴のもようも、グレイッシュブラウンの羊毛でつけます。



つのをあたまに刺しつけます。次に耳をつけます。

つのの回りにキャメルの羊毛を刺しつけて、生え際を自然にします。

つのをつけて、生え際を自然にする


最後に、差し目ボタンをつけます。
同じところを ニードルで何度も刺して、穴をあけます。
差し目ボタンの差込み部分に接着剤をつけて、穴に差し込みます。

目の位置の基本は、草食動物は横、肉食動物は前です。



完成です♪
羊毛フェルトのガゼル

羊毛フェルトのガゼル・顔

羊毛フェルトのガゼル


■使用したフェルト羊毛
 約 18 g (生成りの白、グレイッシュブラウン、キャメル、こげ茶、アイボリーなど)
 サイズ:高さ14.5cm×横10cm
 その他の材料:差し目ボタン(3mm)、接着剤


■図案はコチラ
 (表示されていない場合は、「続きを読む」 をクリックしてください)

続きを読む»

テーマ:羊毛フェルト制作 - ジャンル:趣味・実用

羊毛で作るガゼル(前半)

立体のガゼルをつくってみたいと思います。
サバンナなどにいる草食動物のガゼルです。


まずは、つのを作ろうと思います。



羊毛適量を手のひらでこねて、おおざっぱに細長い形にします。

つのを作る1


さらにねじるようにして、つのの形に近づけつつ、ニードルで刺しとめてゆきます。
指で圧迫しながらすると 形がまとまりやすいです。
一針一針、指を刺さないように注意しながら ゆっくり刺しとめます。

つのを作る2

あたまとのジョイント部分は、刺し固めてしまわず、ふわっと残しておきます。


ある程度つのの形になったら、今度は2枚のマットに挟んで、刺し固めてゆきます。
このやり方は、細いもの・こまかいものを刺し固めるときに便利です。

つのを作る3


やわらかい羊毛で、細くてしっかりしたつのを作れるかな?と気になっていましたが、出来ました。

つの完成


-----


続いて、あたまと胴、耳パーツを作ります。


まずは、あたまを作ります。
羊毛をぎゅっと丸めてニードルで刺し固めて芯を作り、あたまの形にしてゆきます。
胴とのジョイント部分は、刺し固めずにふわっと残しておきます。

あたまを作る


胴も同じように作ります。

あたま&胴


あたまと胴をつなぎます。
あたまのふわっと残しておいた部分を、胴にニードルでさしこんでゆきます。

あたまと胴をジョイントする


からだの芯完成

胴とあたまの芯が出来ました。


-----


からだの芯に、色のついた羊毛を刺しつけてゆきます。

色をつける

つのや足をつけてしまうと それらがジャマで作業がしづらくなるので、先にある程度 顔の細かい部分も作っておきます。


耳パーツも作っておきます。
作り方は、基本的には つのと同じような感じです。

耳パーツ


使った色は、キャメル・グレイッシュブラウン・こげ茶・アイボリーなどです。


※後半に続きます!


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

テーマ:羊毛フェルト制作 - ジャンル:趣味・実用

«  | ホーム |  »

 

カテゴリ

おすすめリンク

↓↓↓羊毛フェルトのマスコット作成には、これらの材料がおすすめです。

▼ソフトな繊維で小物作りに便利な、ウールキャンディシリーズの羊毛。下記の画像以外にも、豊富なカラーバリエーションがあります。

↑ナチュラルブレンドのカラー番号「801」と「802」は、白とベージュの間の絶妙なカラー。私も愛用しています。他にも動物作りに使いやすいカラーがそろっています。作品に深みが出る色ですよ♪

-----------------

↑もこもこの質感。羊やアルパカ、トイプードルなどの動物作りに♪

-----------------

▼動物の目のパーツ、差し目ボタン。私がいつも作っている手のひらサイズの動物は、2~6mmのものを使っています。

     ↑↑↑
※上記は3mmの目玉ボタンですが、それ以外のサイズはコチラをクリック!(Az-net手芸さんの目玉ボタンページへのリンクです。) 黒目以外にも、猫目など、種類やサイズが豊富です♪

-----------------

▼フェルティング用ニードル。この専用の針で刺すことで、ふわふわの羊毛がフェルト化します。全体の形を作るレギュラー、仕上げ用に極細があると便利。


-----------------

▼フェルティング用マット。このマットの上で製作します。使い続けているうち、ふにゃふにゃになってくるので、たくさん作る方は、予備に何枚か購入しておかれると良いと思います。

 

プロフィール

felt note

Author:felt note
フェルト羊毛を原材料に、「リアルかわいい」をテーマにした作品作りを目指しています。
オンライン手作りマーケット「minne(ミンネ)」で、作家名「felt note」として作品販売中です。
よろしくお願いします♪

 

最新記事

検索フォーム

 

MEMO


にほんブログ村
↑こちらのランキングに参加しています。 このブログをいいなと思ってもらえたら、ぜひクリックお願いします♪



当ブログに載せている図案は、個人で楽しむ範囲内で、プリントするなどして ご自由にお使いいただけます(著作権は放棄していません)。
画像の転載は禁止です。よろしくお願い致します。

 

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。