Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

刺し固めるとは??

ブログの中でもあたりまえのように「刺し固める」と書いていますが、まだ羊毛フェルトを作ったことのない方からしてみると、『刺す』と『固まる』はつながり難いかもしれません。


私もはじめて羊毛を手にとった時は、ふわふわでやわらかくて、本当にこれが刺すだけで固まるの??と思いました。


主な刺し固め方は、『フェルティングニードル(略してニードルと呼ぶことが多いです)』という 先端に数個の切れ込みの入った針で 羊毛を何度も刺しているうちに、羊毛の繊維同士がからみあい、固まってゆきます。このことを『フェルト化』と言ったりもします。

たくさん刺せば刺すほど、しっかりと固まります。

また、ふわふわの羊毛を指で押さえるなどして、ぎゅっと圧縮しながら刺すと、フェルト化しやすいです。


ニードルで刺し固めるやり方の他にも、こすり合わせることでフェルト化(シート状)する方法もあります。


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

テーマ:羊毛フェルト制作 - ジャンル:趣味・実用

羊毛フェルトのお洗濯は?

羊毛を水洗いすると、写真のように繊維がちぢれました。

羊毛を洗うとちぢれる


では、お洗濯は??ですが、

立体作品は 洗ってしまうと形がくずれる場合があるので お洗濯は出来ないと思いますが、
平面作品(生地に刺繍のようにさしたものなど)については、手芸用品メーカーのハマナカさんの取り説にはこう書かれています。


●基本的には 洗剤分と少しの摩擦で羊毛がからみ、よりしっかり固定されます。

●手洗い・押し洗いがベストです。

●洗濯機の場合は、ネットに入れて弱流水で10分程度。
(ニードルでのつきさしが足りないと、端の部分がとれる場合があります。その場合はもう一度つきさしましょう。)


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

テーマ:羊毛フェルト制作 - ジャンル:趣味・実用

羊毛フェルト?フェルト羊毛?

ネットショップなどで見てみると、“羊毛フェルト”ではなく“フェルト羊毛”で売られていることが多いですね。

“フェルト”を辞書でしらべてみると
『羊毛などの獣毛繊維を圧縮して作った厚い布地』
と あります。


ただの言い方の違いなので、“フェルト羊毛”と“羊毛フェルト”、どちらでも良いと思いますが
お店で売っているのは フェルトになる前の羊毛ですから、ニュアンス的には“フェルト羊毛”の方が正解?な気もしますネ。

フェルト羊毛

ペールカラーの羊毛フェルト


にほんブログ村 ハンドメイドブログへ
にほんブログ村

テーマ:羊毛フェルト制作 - ジャンル:趣味・実用

ニードル取扱説明書

前回 作り方の基本を 少し紹介しましたが、大切な『ニードルの使用上のご注意』を、書いておきますね。
(手芸用品メーカー・ハマナカさんの取説からの引用になります)

needletorisetsu.gif

無理な力を加えると 先端が折れる場合があります。
針先をひねらないよう作業してください。
また、折れた場合の飛散防止になりますので、フェルティング用マットは必ず使用してください。

★ニードルの先端はたいへん鋭く危ないので、作業中は手をきちんと安定させ 気を散らさないよう集中してください。
手などを刺さないよう充分に気をつけて作業してください。

一度曲がったニードルは たいへん折れやすくなっています。
無理に使用しないでください。

また、ニードルの使用対象年齢は 15才以上だそうです。


他にも 使用後はキャップをして子どもの届かない所に片付ける
折れた針はそのままにしないでちゃんと処理する
フェルティング以外の用途には使用しない・・・などがあります。

テーマ:羊毛フェルト制作 - ジャンル:趣味・実用

フェルティング用マット

羊毛フェルトを作るときの作業マットですが、素材は、『スポンジのように空気のすき間がいっぱいある感じの発砲スチロール』といったところです。

フェルティング用マット

専門店でわざわざ買わなくても、たとえば梱包に使われていた廃材の発砲スチロールとか、似たようなものでうまく代用できれば、リーズナブル♪ですね。

ただその場合は、厚みや大きさがじゅうぶんにある 安全なものを選ばれることをオススメします (^-^)☆

テーマ:羊毛フェルト制作 - ジャンル:趣味・実用

羊毛フェルトと、普通のわたのちがいは?

羊毛フェルトをはじめて見たときは、「わたみたい」と思いました。
でも実際に わたで作ってみると、羊毛フェルトと同じようには作れませんでした。

羊毛フェルトと普通のわた

普通のわた(ポリエステル)は、繊維が細かくちぢれています。クッションなどにした時に、空気を含んでフワッとなるようにだと思います。
羊毛フェルトの繊維は、普通のわたと比べると まっすぐな感じです。


また、羊毛にはウロコ状のキューティクルがあります。
ニードルのギザギザに キューティクルを引っ掛けてさしこむことで、羊毛をフェルト化させるということですから、これが普通のわたとの一番大きななちがいかもしれません。



普通のわたで作ると、弾力があって ニードルが刺さりにくいです。
また、なんとか形作ることは出来ても、羊毛フェルトのように繊細に作ることは難しいです。

テーマ:羊毛フェルト制作 - ジャンル:趣味・実用

羊毛フェルトって、何グラムあれば作れる?

羊毛フェルトって、手芸店のサイトなどを見てみると、グラム単位で売られているものが多いですよね。 
私は、最初 何グラム買っていいのかわからず、とりあえずいろんな色 合わせて200グラム買いました。

では、ひとつ作品を作るのに、どれくらいいるの?という方の
目安になれば・・・、

16グラム

こちらは体長9cmの手のひらサイズのネコですが、体重を計ったところ
「16g」でした。

作るもの、大きさによっても使用グラム数は変わってきますが、ご参考まで♪

今後 作品を作るごとに、使用した羊毛フェルトのグラム数を書いていく予定ですので、ご覧いただけたらと思います。

テーマ:羊毛フェルト制作 - ジャンル:趣味・実用

ニードルと普通の針とのちがい

ニードルの針先には、普通の針とちがい、羊毛の繊維 (正確には 繊維の表面にあるウロコ状のキューティクル) をひっかけるためのギザギザがいくつかついています。

ニードル針先

普通の針では全く繊維が絡まないので 羊毛フェルトを形作ることは出来ませんが、ニードルは このギザギザに繊維を絡めながらさしこんでゆくため、うまく繊維が絡みあって 形にすることができます。 

前に 他のものでニードルの代用ができないか試してみましたが(つまようじ、ピン、ミシン針など)、結局、どれもダメでした(~_~;)

テーマ:羊毛フェルト制作 - ジャンル:趣味・実用

ニードルの選びかた

フェルティングニードル(以下 略してニードルと書きます)っていくつか種類がありますが、私は『レギュラー』と『極細』の2本を愛用しています。
手のひらサイズ程度のものを作るには、これでじゅうぶんです。

『3本一体タイプ』のニードルも もっていますが、これは もう少し大きいものや 平面的なものを作るのには、便利かなと思います。
私は小さいものを作ることが多いので、この3本タイプは ほとんど使っていません。

ニードル

『レギュラー』だけでも 作品は作れますが、細かい部分まで繊細に仕上げたいという方には、『極細』をぜひオススメします。
針が細い分 ニードルを刺したときの穴が目立たないので、はじめはレギュラー、仕上げに極細と、使い分けると良いと思います。

ただ、極細の方は折れやすいのが難点ですが(>_<)


使う方それぞれの好みやクセで、どのニードルが使いやすいかも変わってくると思います。
ぜひ自分に合ったニードル、みつけてくださいね♪

テーマ:羊毛フェルト制作 - ジャンル:趣味・実用

羊毛フェルトをはじめよう♪

羊毛フェルトをはじめるには、何を用意したらよいのか、メモしておきますね。

★羊毛フェルト
★フェルティングニードル
★フェルティング用マット

この3つを揃えれば、はじめられます。

ニードルでざくざく刺すだけで 形になっていくので、楽しいですヨ。

型紙に合わせて切りぬいて・・・みたいな作業も無くてOKなので、めんどくさがりやさん向き、かも?

テーマ:羊毛フェルト制作 - ジャンル:趣味・実用

«  | ホーム |  »

 

カテゴリ

おすすめリンク

↓↓↓羊毛フェルトのマスコット作成には、これらの材料がおすすめです。

▼ソフトな繊維で小物作りに便利な、ウールキャンディシリーズの羊毛。下記の画像以外にも、豊富なカラーバリエーションがあります。

↑ナチュラルブレンドのカラー番号「801」と「802」は、白とベージュの間の絶妙なカラー。私も愛用しています。他にも動物作りに使いやすいカラーがそろっています。作品に深みが出る色ですよ♪

-----------------

↑もこもこの質感。羊やアルパカ、トイプードルなどの動物作りに♪

-----------------

▼動物の目のパーツ、差し目ボタン。私がいつも作っている手のひらサイズの動物は、2~6mmのものを使っています。

     ↑↑↑
※上記は3mmの目玉ボタンですが、それ以外のサイズはコチラをクリック!(Az-net手芸さんの目玉ボタンページへのリンクです。) 黒目以外にも、猫目など、種類やサイズが豊富です♪

-----------------

▼フェルティング用ニードル。この専用の針で刺すことで、ふわふわの羊毛がフェルト化します。全体の形を作るレギュラー、仕上げ用に極細があると便利。


-----------------

▼フェルティング用マット。このマットの上で製作します。使い続けているうち、ふにゃふにゃになってくるので、たくさん作る方は、予備に何枚か購入しておかれると良いと思います。

 

プロフィール

felt note

Author:felt note
フェルト羊毛を原材料に、「リアルかわいい」をテーマにした作品作りを目指しています。
オンライン手作りマーケット「minne(ミンネ)」で、作家名「felt note」として作品販売中です。
よろしくお願いします♪

-----

※minneでの販売に伴い、プロフィールの名前を「felt note」に改めさせていただきました。

 

最新記事

検索フォーム

 

MEMO


にほんブログ村
↑こちらのランキングに参加しています。 このブログをいいなと思ってもらえたら、ぜひクリックお願いします♪



当ブログに載せている図案は、個人で楽しむ範囲内で、プリントするなどして ご自由にお使いいただけます(著作権は放棄していません)。
画像の転載は禁止です。よろしくお願い致します。

 

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。