FC2ブログ

Latest Entries

羊毛フェルト/アヒルのマスコット付き耳かき

ゆるいペースの更新ですみません・・・(^^;)

今回は、百円ショップで買った耳かき(綿付き)に、アヒルさんをつけてみました。

あひるの耳かき3


■材料
 羊毛 : 2 g 程(生成り・黄・黒など)
 サイズ : (くちばしからしっぽまで) 4cmくらい
 その他の材料 : 耳かき

-----

■作り方

耳かきの先(綿がついている部分)に、羊毛をぎゅっときつめに巻きつけてゆきます。

羊毛がほぐれてこないよう、ニードルで数箇所刺して止めます。

少しづつ羊毛を足して、ニードルで刺しながら形をととのえて、胴の形にしてゆきます。

あひるの耳かき1



首から上のパーツを別で作ってから、後で胴につけます。

小さいパーツを作るときは、羊毛をギューっと圧縮して ニードルで刺すと、うまく刺し固められます。
指を刺さないように注意です☆

胴とのジョイント部分の羊毛は、刺し固めずにふわっと残しておきます。
このふわっと残しておいた部分の羊毛を、ニードルで胴に刺しつけます。

目は、黒の羊毛少量を 指先でこねてまとめてから、刺しつけます。

あひるの耳かき2

-----

※作ってみての感想・・・☆
今回は、耳かきの先についていた“わた”を生かしたいと思い、わたの部分に羊毛をまきつけてゆく方法で作ってみましたが、この作り方よりも、先にマスコットを作ってから 後で耳かきに接着剤でつける方が、作りやすいと思います。


テーマ:羊毛フェルト制作 - ジャンル:趣味・実用

羊毛フェルトで作るアヒル(立体)・大

アヒルです。
針金芯を後付けする方法で作りました。

羊毛フェルトのアヒル1

羊毛フェルトのアヒル2


作り方を、まとめてみました。
    ↓↓↓

あたま、胴、くちばし、それぞれのパーツを別々に作って、ジョイントします。
まずはあたまとくちばしをジョイントして、ある程度顔の細かい部分まで作りこんでから、次に胴とジョイントします。
(あたまの作り方は アヒル[小]と同じですが、胴は針金芯を入れずに作ります。)

羊毛フェルト・アヒルの作り方3


続きを読む»

テーマ:羊毛フェルト制作 - ジャンル:趣味・実用

羊毛フェルトで作るアヒル(立体)・小

高さ約6cmの、小さなアヒルです☆

羊毛フェルトのアヒル・小


針金芯に羊毛を巻きつけてゆく作り方を、まとめてみました。
   ↓↓↓


まず、針金で芯を作ります。
この針金芯に羊毛をまきつけながら、ニードルで刺しとめてゆきます。
少しづつ羊毛を足して刺しつけ、形をととのえてゆきます。
足も同様に、羊毛を刺しつけます。

針金芯入りで作る羊毛フェルトのアヒル1


続きを読む»

テーマ:羊毛フェルト制作 - ジャンル:趣味・実用

羊毛フェルトで作るアヒル(立体)・作品と図案

大小2匹のアヒルを作りました♪

羊毛フェルトのアヒル、大・小


今回は、針金芯入りで作りました。
鳥などの2本足で立たせる動物の場合、針金芯を入れて作るのがオススメです。
針金芯をいれることで、バランスをとりやすくなり、立ちやすくなります。


■材料
 [大]
 羊毛 : 約 20 g (生成りの白、山吹色)
 サイズ : 高さ約 10 cm
 その他の材料 : 3mmの差し目ボタン、針金、接着剤など
 -----------
 [小]
 羊毛 : 約 5 g (生成りの白、山吹色、黒)
 サイズ : 高さ約 6 cm
 その他の材料 : 針金など


■図案(アヒル[大])
↓画像をクリックで大きく表示されます。

羊毛フェルトのアヒル・図案

※図案は、各ご家庭のプリンターで、適度な大きさに拡大 または縮小プリントしてお使いいただければと思います。



小さいほうのアヒルは、針金芯に羊毛を巻きつけていく方法で作りました。
大きいほうのアヒルは、後から針金芯を差し込む方法で作りました。


次回はアヒル[小]の作り方を、その次は[大]を、それぞれまとめてUP予定です☆

テーマ:羊毛フェルト制作 - ジャンル:趣味・実用

«  | ホーム |  »

カテゴリ

プロフィール

felt note

Author:felt note
フェルト羊毛を原材料に、「リアルかわいい」をテーマにした作品作りを目指しています。
オンライン手作りマーケット「minne(ミンネ)」で、作家名「felt note」として作品販売中です。
よろしくお願いします♪

(TwitterやFacebook、インスタグラム等はしていません。)

 

最新記事

検索フォーム

 

リンク